北見夕陽ヶ丘・中央三輪センター

3つのポイント北見にコールセンターの拠点を置く理由

天災が少なく、拠点の分散化によるリスク対策に最適です。

文部科学省の地震調査研究推進本部の調査では、北見市に今後30年間で震度6弱の地震が発生する確率は、0.8%(横浜市71%、大阪市62.8%)となり、各都市を比較した地震の回数(震度1以上)では全国で2位となる天災の少なさです。
また、1年を通しての降水量も6月で東京が約150mmに対して、北見市は約50mm(2012年1月時点調べ)であり、降雪量も青森が706cmに対して、北見は338cm、同じ北海道の中でも旭川が630cm(2002年〜2011年調査)で極端に少なく、地震をはじめ、天災が非常に少ないことが特徴です。首都圏や他県での災害時も、北見市にお客様の業務を担うコールセンターを第2拠点としておくことで、ビジネスが止まることを回避することができます。

各都市の地震回数比較のグラフ、1年を通しての各都市の降水量比較

羽田から北見まで約2時間30分で到着できる好立地。

羽田から女満別まで飛行機で約1時間45分、空港から北見までバスで40分と、羽田から北見まで約2時間30分で到着することができます。新幹線で東京から新大阪へ行までも約2時間30分かかり、実は大阪へ行くのとあまり変わりません。更に東京~女満別間は飛行機が1日往復約10便、運行しており、都内から日帰りでの移動も可能です。

土地の風土や職場環境に恵まれていること、気になる方言もほどんどないこと、更に日帰りで視察にいける立地であることからも、コールセンターを運営する上での非常に好立地な場所といえます。

羽田から北見まで約2時間30分で到着できる好立地

魅力的な人財が揃いやすい、北見という土地。

北海道の北見市は世界遺産の知床まで車で約2時間という距離にあり、市街地を外れると日本一の生産量を誇る玉ねぎ畑が広がるなど、とても豊かな自然に満ちています。
健康で持続可能な社会を志向するロハスなスローライフを送るには、最高の環境と言えます。また、北見市の人口は124,196人(2012年12月末)で、オホーツクの中核都市であり、国立の北見工業大学や北見情報ビジネス専門学校など、専門的な学校も存在します。

そんな環境の中で育ってきた北見市の方には、自然とロハス感覚が根付いており、元々北国の厳しさを背景とした根気強く真面目な市民性を持っているのに加え、オフィスワークの人気が高いため、潜在力を秘めた良質な人財が集まりやすいです。

また、コールセンターのコミュニケーターは、お客様からの電話に応対するという職業柄、方言があるとコミュニケーションに支障をきたすおそれがあります。その点、北見市は坂本龍馬の甥である坂本直寛が社長を務める高知県北光社移民団と屯田兵の一行がはじめて開拓に入ってからの歴史が浅く、その後の移住者の多くが都市部からであったため、特に気になる方言などもほとんどありません。

オホーツク地域における人口分布

北見夕陽ケ丘コールセンターへのアクセスはこちら

北見中央三輪コンタクトセンターへのアクセスはこちら

インフォダイレクトロゴ電話番号