コミュニケーション

仕事でも普段の生活でも、
いつも忘れないようにしていることがあります。

「自分以外は全員他人」であるということです。

家族や友人などの親しい間柄であっても同様です。


自分が人の考えや気持ちを全て理解できないのと同じように
人は私の考えを全て理解してくれるわけではないということを
忘れないように心がけています。

同じ事柄も、見る角度によっては受け取り方が変わったり
自分にとっての当たり前が、
他の人にとってはそうではないことも多々あります。


他人だから理解し合えないのは仕方がない
と諦めるのではなく
お互いを少しでもわかり合えるように
しっかりとコミュニケーションを取ることを
大事にしていきたいと思い、
このことを心に留めています。


日々の受電の業務でも、固定観念にとらわれず、
うまく聞き出すことで、より理解に近づけるのではないか
と思い実践をしていますが
うまくいくことばかりではありません。

本当に難しい課題です。

表情が見えないのでより難いことですが
たとえお客様の希望通りにできないことがあっても
お困りのお気持ちに寄り添うような対応ができるように
更に磨いていきたいと思います。